ひとりごと

幸せな里親探し

こんばんは、三日月です。

時々、同じ趣味の人とは繋がれるんだな、って思うことがあります。

お人形が好き。

このアーティストが好き。

この画家が好き。

このスポーツが好き。

この俳優が好き。

この本が好き。

この、好きが無条件に繋がらせてくれるのだと思っています。

今日も。

先日里親さんが決まって、お人形を送り出した時のこと。

ちょっと私がミスをしてしまって外装を傷つけてしまい。

それに対しての連絡がすべての始まりでした。

傷ついた外装を変更することなく送付することにきまり、発送後の連絡をして。

外装を傷つけた連絡の時から、里親さんの素敵な人柄が文章の端々に出てました。

発送後にいただいた文章に、

「里子候補さんを見た時、どうしても作りたいものがあった」と。

「大切にします」

って仰ってくれて。

なんかもう、ありがたくて嬉しくて、胸がいっぱいで。

大好きな仕様の子だったけど、好きすぎて何もしてあげられなかったから。

私の手元から離れて、すごい歓迎を受けるんだなぁと思ったら、幸せな気持ちになって。

やり取りそのものもとても楽しくて、時間を忘れてしまいそうになり。

私は楽しくても、里親さんの時間をこれ以上奪っちゃいけないと言い聞かせて、やり取りを終了したのですが。

感謝しかない。

感謝が溢れて、なんて表現すればいいのか全く分からない。

こういう時の語彙力の無さに自分で泣きそうになるけど、ただただ感謝で。

里子さんがお人形として幸せになるって事実と、里親さんがこの方で良かった、という思いと。

この方と一瞬でもご縁を持てた事に全部に感謝でした。

なんかもう、ホントに胸がいっぱいで、自分で何書いてるのかさっぱりで、明日読み返したら削除しちゃうかもしれない意味不明な日記になってるかもだけど。

里親さんに幸あれー!!!!

作りたいもの、うまくいきますようにーーー!!!!!

 

いつも、素敵な里親さんとご縁を持てて、本当に感謝しているのですが。

今日は特に言葉がたくさん飛び交って、いつも以上に興奮してしまったのでした。

 

☆ここまで読んでくださり、どうもありがとうございました☆

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA