DOLL服

2021お洋服紹介その7

こんばんは、三日月です。

朝起きて、雪が降ってる外の世界に驚愕し、具合が悪くなりましたw

ホントにちょっとだけ平熱よりも高い体温なので、気圧の変化とかいろいろで体調崩したかもしれません汗。

昔、

「雪が降ったらお腹が痛くなるシステムです」

と、会社で堂々と宣うておりましたが、まさかほんとに雪が降って何かしら起きるとは思いませんでした。

もっと早くにこのシステムを導入できてたら、早め出勤とか頑張らなかったのにww

 

お洋服の紹介ですでに手放したお人形がモデルをしています。

不快に思われる方はごめんなさい。

小花柄のエプロンドレス 10月

このマリーンに何を着せよう?と思った時に、瞳と髪色からこの配色のエプロンドレスを縫うことにしました。

ベージュ×緑は大好きな配色で。

エプロンをもう少し、長めの丈にすればよかったなと今は思います。

お人形のお洋服、特にスカートはボリューム1番!と勝手に思い込んでましたが、ここ数カ月はボリュームを抑えても可愛く見えるだろうか?にチャレンジしてました。

ボンネットって可愛いけど、顔に影が入るので撮影には不向きなアイテムですね……汗。

モデルのマリーンの髪型が凝っているので、試着はいつも秋色マリーンさんでした。

試作:イレギュラーヘムのドレス 10月

元々は赤いリップのマリーンに合わせていましたが、よく考えたら原型をブリジットボディで取っていたため、ボディ部分が落ちてくるのでTOTOCOリナさまに。

リナさまは美しいのですが、カーリーヘアがハードル高く汗。

スカートのイレギュラーヘムは良いのですが、ストラップレスのボディ部分は要改良です。

今、自分が寒い部屋にいるからか、ストッキングやグローブ、ストールなどを用意してあげたら良かった……と後悔しています。

赤とチェックのアンティークドール調 10月

このお洋服のチェック部分を、別の生地で合わせたり、別の色で合わせたりと散々悩んだ1着です。

王道のアンティークドールのようなお洋服を縫いたくなり、ビスクドールの本を漁って、またデザインの足し算引き算を繰り返してこの形になっています。

身頃とスカートに使ったチュールレースは、探してみたけど今はどこにも売ってないみたいでした。

手元にあるだけを使った感じです。

プリーツやシャーリング飾りなど、昔はよく使ってたな……という装飾達は懐かしくて、でも難しくて。

身頃から肩にかけて、髪で見えませんが襟のような飾りをつけてあります。

ここの日記用に写真が合ったのでペタリ。

お洋服は里子に出す撮影直前まで、プリーツに躾をつけてました。

雑ですが汗。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

雪景色なんて、本当に私には不要なんですけど涙目。

 

☆ここまで読んでくださり、どうもありがとうございました☆

 

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA