DOLL服

ギンガムチェックが厳しい

こんばんは、三日月です。

昨日、怒りで色々と進まなかった家事を片付けて、ミシンに没頭してました。

ギンガムチェックにピンタックはあまり効果的ではないな、と、改めて感じまして。

スカートにはピンタックを入れませんでした。

↑まだ未完成ですが。

身頃に5本ずつのピンタックが入っているのですが、やっぱりよくわからないですよね汗。

あの苦労が水のアワw

ギンガムチェックおそるべし!!です。

使いこなせるととてもかわいいチェックなので、可愛く見せられる技術を得たいところ♪

スカート上段とか、フリルの中段とか、バイアスで裁てば良かったな、と写真にしてみて初めて思いました。

次にこの生地を使う時は、大きさの違うギンガムチェックか、無地の布を合わせることになりそうですけど、バイアスで裁つことも覚えておきたいと思います。

いろんなことを覚えておくと視野が広がりそうですもんね♪

↑言いながら忘れるw多分。

ギンガムチェックのこの生地も、見えないまではいかなくても、目がチカチカしました笑。

小さいギンガムが縫いにくいって、ずっと昔にお人形仲間が言ってました。

その時は何を言ってるのかさっぱりでしたが、今なら痛いほどわかる!!!

わかりたくなかったけどw

 

このラインのお洋服を縫うと、袖口を無視すれば幼SDでも余裕で着れちゃうな、と。

しっかり身体のラインに沿っている服はちょっと難しいのですが。

マリーンたちと幼SDは、胸囲と裄丈がとても近いのです。

ボディラインは全然違うのですがww

 

なんか懐かしいな。

幼SDも一人は里子に出さなくちゃなのですが、もう少し先になりそうです。

 

☆ここまで読んでくださり、どうもありがとうございました☆

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA