雑記

消えた年金手帳の行方

こんばんは、三日月です。

最初に申し上げておきます。

決して消えた年金ではございません。

消えたのは年金手帳ですので、もしも消えた年金でこちらにたどり着いた方がいらっしゃいましたら、申し訳ありませんが、全く参考になることは残してませんので、どうぞお帰りください。

紛らわしい言葉を使って申し訳ありません汗。

さて本題。

最近色々と気になること(主に将来の金銭的不安)があり、調べ物を続けた結果。

40代後半パート主婦(ジリ貧)なれど、iDeCoを始めてみようと一大決心したのです。

で。

iDeCoを始めるにあたり、年金番号が必要だったので年金手帳を出そうとしたら。

年金手帳がどこにも見当たりません……。

この部屋に引っ越して半年。

重要な書類云々の引き出しは一つ、ファイルは多数。

でも、年金手帳は多分これまでどおり、引き出しに通帳と一緒に入れていると思う……。

けど、引き出しに見当たらず。

ファイルにも入っておらず。

手あたり次第探して、手あたり次第落胆しました。

無いってどういうことだろ?この数日は部屋を引っ掻き回す勢いで探してました。

そして一つの答えというか光というか結論にたどり着きました。

我が家の主の会社で保管している……かも?と。

会社が個人の年金手帳を保管するってどういうこと?

にわかには信じられませんでした。

が、会社になかったら紛失の可能性しか残されていないので、会社に保管されてますように!!と、半ば祈る気持ちで過ごしました。

我が家の主の会社が、主が扶養しているというだけで私の年金手帳まで持っているのは全く納得いくものではありませんが、紛失よりはマシなのです。

確かに紛失するよりはマシな結果でした。

我が家の主の会社は、従業員の配偶者の年金手帳まで管理しているようです。

……個人情報やん……

紛失よりは全然良かったけど、なんで私からすると縁もゆかりも無い会社が、私の年金手帳持ってんの?

という、最悪の事態を脱したら次は不満が駄々洩れに笑。

でも、わりとあるらしいとわかりました→年金手帳を管理する職場

それこそ、個人所持による紛失を避けるために企業が管理するということらしいのですが、無くしたらそれは個人の責任やん……

て思うのは、違うのでしょうか。

個人情報云々言って、特に被害も想像つきませんけれども。

会社保管という慣れない事態に、この数日は焦りまくりで部屋中を年金手帳を求めて暴れたので、少々疲れております汗。

今日は仕事納めでした。

年金手帳の不安も解消されました。

今日までの疲れも明日ゆっくり過ごすことで±ゼロになる!……はずw

 

☆ここまで読んでくださり、どうもありがとうございました☆

 

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA