雑記

加齢+睡眠不足=めまい

こんばんは、三日月です。

仕事中にもそんな前兆が時々ありましたが、急にきました。

今日初体験でした、めまい。

 

寝てるとき、時々身体ががくん!って落ちるような感覚になることは普通にあるのですが、起きている時にその落ちる感覚になることが、このところよくあって。

仕事中だから気が張っていて、その先に進まなかったのかもしれません。

今日はお休みで、家でお昼ごはんの準備をしている最中でした。

がくん!

あ、最近なるやつね。

と、思ったところまでは良かったのですが、そのあと、視界が反時計回りにゆっくり回転し始めて。

お??

初めはわからなかったけど、そのうち支え無しには立っていられなくなり。

食器棚に手をついて、回転がおさまるのを待ちました。

おさまった、と思ってお昼ごはんの続きを始めるとまた回転し始める。

おさまるまで立ち止まって、お昼ごはんの続きを始めて回転再開。

を、繰り返しつつも、何とかお昼ごはんを作り終え、テーブルに着くことができたのですが。

椅子に座って食べ始めてからの回転が、全然おさまってくれなくて。

 

我が家の主は過労からめまいを患った人なので、私の症状はよくわかるらしく。

でも同じめまいと一括りに言っても、私のは過労じゃないのと、自分でもわかるけどまだまだ全然軽症で。

それ多分睡眠不足だから、ちょっと寝た方がいいよ。ほっとくと気持ち悪くなるよ。

お昼ご飯を口に運びながら、まわり続ける視界とこみあげてくる吐き気。

あ、これね。気持ち悪いやつ、もうなってる。

食事を途中でやめて、即行歯磨きしてお布団に直行しました。

立ってても椅子に座ってても回る視界でしたが、横になって目を瞑ると吐き気は落ち着いてきました。

このまま寝たら良くなるんだろうな……と、何となく感じたのでそのままお昼寝を。

 

3時間くらい寝て、ぼんやり起き上がってみて、めまいは無くなってました。

ちょっとでも眠く感じるときは寝た方がいい

常々、我が家の主が言っている言葉ですが。

身を持って体験しましたです。

少しのお昼寝でめまいが回避されるなら、絶対に寝た方がいい。

眠さを我慢している自覚は一切ありませんが、気づけてなかったんだな、と。

あと、こんな睡眠不足くらいでめまいを起こすなんて、私は本当に年をとってしまったんだな、と。

改めて自分を知るきっかけになりました。

もう少し、私を大切にしよう。

もう「若さ」を備えた、鉄壁のボディではなくなっているから。

 

☆ここまで読んでくださり、どうもありがとうございました☆

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA